sponsored link

 

エッフェル塔の南東側はパティシエ、ショコラティエの超激戦地区。

ショコラ界の巨匠ジャン・ポール・エヴァン、スタイリッシュなクリエーションを展開するキャラメル・パリ、和洋折衷のスイーツでパリっ子を魅了するサダハル・アオキ、パリで最も古い歴史を持つケーキ屋ストレー、スイートでロマンチックな世界へと誘うラデュレなどのスイーツショップが、徒歩10分圏内にひしめき合っています。

 

観光地でありながら、活気のある住宅街でもあるこのエリアにある店に共通する特徴といえば、見た目も味も両立したスタイリッシュで美味しい一級品を提供しているということ。

モンマルトルやオベルカンフなどの下町にある店と比較するとお値段は少々高めですが、価格に釣り合う大きな満足感が得られるはずです。

 

 

そんな甘党のパラダイスで大型チェーン店の資本に頼ることなくひっそりと、でもトビキリ美味しいケーキを良心的な価格で出している店があります。

店名はNotre Pâtisserie。「私たちのケーキ」という意味です。

 

 

■オリジナリティーを吹き込まれた珠玉のケーキの試食レポ

 

ガーリーな内装の小さな店では、生菓子、焼き菓子、パンだけでなく、キッシュやサンドウィッチなどおかず系をも含めた、充実したクリエーションも展開させています。店の規模から考えるとラインナップはかなり豊富。

 

ノートル・パティスリーのケーキは、ショコラやキャラメルなどを使ったクラシックなものから、季節のフルーツを用いた期間限定品まで、いずれも見た目と味が女性的なのが特長。

パティシエの高い意欲とサービス精神が感じられ、好感が持てます。

 

◇EXOTIQUE エキゾチック 5.50EUR

ココナッツの細片をちりばめたスポンジケーキの上に、マンゴーのムースがのせてあります。

舌の上で心地よくとろけるキメ細やかなムースの中には、パイナップルとマンゴーの果肉がゴロゴロしたコンポートが。そして、ホワイトチョコでコーティングしたパフと金箔をトッピングしておしゃれに仕上げられています。

優しい甘味と弾けるような酸味のバランスが良く、爽やかさが口の中で炸裂。

おススメ度★★★★★

 

 

◇PLAISIR CHOCOLAT CARAMEL プレジール・ショコラ・キャラメル 5.50EUR

しっとり焼いたビターなショコラのスポンジケーキをショコラ&キャラメルのムースで包み、さらに光沢のあるショコラでコーティング(グラサージュ)した濃厚な味わいが魅力のケーキ。かなり食べ応えがあり、食べ終わった後はショコラの余韻が長く楽しむことができます。

ショコラとキャラメルとの相乗効果で、香りと味はより一層エレガントに。

また薄い板チョコの表面をアンティーク加工しているという手の凝りようです。

おススメ度★★★★☆

 

 

◇ANANAS アナナス(パイナップル) 5.50EUR

爽やかなレモンとライムのクリームを花弁のようにあしらい、中央にパイナップルのゼリーをのせた見た目も味もエレガントなケーキ。

ゼリーの中にはパイナップルの果実も入っていて、甘く爽やかな味わいを生み出しています。

また、ケーキの土台は分厚いサブレ。こんなに分厚いサブレを用いるのは珍しいのではと思われますが、弾けるような歯ごたえとサクサクとした食感がたまりません。

おススメ度★★★★☆

 

 

◇辛い物も美味!FLAN LORRAIN フラン・ロレーヌ(ロレーヌ地方風のプリン) 4.50EUR

クリームとコマ切りベーコンをたっぷり入れた卵液を焼きあげ、その上にサックサクのクルトンをトッピングしたお惣菜。可愛い木箱に入った、まさにキッシュロレーヌのような味わいです。

絶好の火加減で焼き上げていて、卵液の生地がツルツル&プルプルのテクスチャーに。

お野菜を付け合わせればランチとしても、また小腹が空いたときのおやつとしても最適。ワインにも合います。

 

 

sponsored link

■ガーリーな店には、MOFの後ろ盾が

 

パリ7区のアメリ通り7番地に、ターコイズカラーの外観が目印の小さな店をオープンさせたのは、クリストフ・ルドンChristophe Rhedon(=国家最優秀職人章を持つ腕利きのパティシエ)とそのイタリア人の奥さんフランチェスカでした。

 

国家最優秀職人章(Meilleur Ouvrier de Franceの頭文字をとってMOF)は、超一流の技術を持つ職人にのみ与えられる栄誉ある称号。

すでにプロとして活躍し、心身を摩耗させるような過酷な実技・筆記試験に合格した職人だけが手にすることができるもので、大統領から勲章を授与されることからもその格式の高さがうかがえます。

現在クリストフさんは一線を退き、同じくパティシエの奥さんが店を切り盛りしていますが、やはりMOFの息がかかっているというだけあってクリエーションの質の高さは一級品です。

 

 

 

■ノートル・パティスリーNotre Pâtisserieの基本情報

 

ケーキ類もお総菜類も絶品!このエリアに位置地している店にしては良心的な価格設定なので、利用価値の高い店です。

店にはイートインスペースはありませんが、近くのシャン・ド・マルク公園のベンチで頬張ってみるのも一興です。エッフェル塔を見ながら食べると、2割増しの感動と喜びを与えてくれること請け合いです。

 

Notre Pâtisserie

(住所)7 Rue Amélie, Paris 7区

(営業)9時~19時(日曜は9時~13時) 月曜定休

http://www.notrepatisserie.com/

 

 

sponsored link