sponsored link

 

クリストフ・アダム氏といえば、エクレア専門店レクレール・ドゥ・ジェニのオーナーパティシエ。パリでは絶大な人気と知名度を誇っており、日本でも高島屋に売り場を構えているため、ご存知の方も多いでしょう。

そんな名声高きパティシエが、フランスの庶民的スーパーであるモノプリと独占契約を結んで板チョコを展開。

繊細な風味で優しい口解けショコラは、もちろん日本未発売。

店頭に並ぶ全6種類を味わってみました。

 

■多才なパティシエ、クリストフ・アダム氏とは?

フランス・ブルターニュ地方出身の46歳。

次世代を担う若手パティシエが腕を競うテレビ番組で審査員を務めたり、フランスの定番パティスリーを紹介するテレビ番組でMCを務めたりとメディアへの露出度も高く、デニムとスニーカーのカジュアルなスタイルと、丁寧に手入れされた無精ひげがトレードマークです。

 

フォションで10年間シェフを務めた後、2011年に独立し、翌12年の年末にレクレール・ドゥ・ジェニの第一号店をマレ地区にオープンさせたという経歴の持ち主。

現在パリに4店舗(うち1軒は北駅構内、またもう1軒はギャラリー・ラファイエット・オスマン店内)を構えています。

彼が作るエクレアは味が素晴らしいのはもちろんですが、見た目も華やかで独創的。

斬新なデコレーションと多彩な素材使いで、これまでのエクレアのイメージを覆すクリエーションを展開。まるでポップアートの作品のようです。

店舗では、専売特許のエクレア以外にもショコラやマカロンを販売しています。

 

 

sponsored link

■モノプリのためだけにプロデュースしたMade in Parisの板チョコ

正直なところ、アーティスティックなパティシエと庶民的なスーパーのコラボには、初めは少々違和感を覚えました。

クリストフ・アダム氏がモノプリのために一肌脱ぐ必要があるのだろうかと疑問すら持ちました。

でも彼の名前と写真がパッケージに記されたショコラを味わったら、疑念や裏事情はどうでもよくなってしまいました。

工業生産されている大手メーカーのショコラたちとともに店頭に並ぶ6種類はいずれも、理屈なしで美味しいものですから。

すべてのラインナップをお気に入り順に紹介します。

 

1

★CHOCOLAT BLANC praliné pistache d’Iran 

ホワイトチョコレート イラン産ピスタッチオのプラリネ

ホワイトチョコは甘ったるい印象があるのでボンボンでは食べても、タブレットで食べることはまずないのですが、これは美味!

焙煎したピスタッチオとキャラメリゼした砂糖を混ぜ合わせたプラリネを、濃厚なホワイトチョコレートに練りこんだタブレット。クリーミーな舌解けで、香り豊かに仕上げられています。かなり美味しいです。クセになりそう。

90g 4.89EUR

 

2

★CHOCOLAT NOIR praliné cacahuète

ブラックチョコレート ピーナッツのプラリネ

ブラックチョコとミルクチョコをミックスしてあり、パッケージにはブラックチョコとありますが、限りなくミルクチョコレートに近い甘さとまろやかさがあります。焙煎したピーナッツのプラリネはキメ細やかなテクスチャーで、口当たりがまろやか。ナッツのほのかな渋味とショコラの甘味のバランスが絶妙。

90g 4.89EUR

 

3

★CHOCOLAT AU LAIT praliné passion

ミルクチョコレート パッションのプラリネ

粗い粉末状にしたパッションフルーツをアーモンドのプラリネにミックス。果実の酸味とショコラの甘味との攻防戦が口の中で繰り広げられたのち、爽やかな余韻が長く残ります。溶解温度低めの口解け滑らかなショコラの中で、果実の微細な粒々の食感が心地いいです。

90g 4.89EUR

 

4

CHOCOLAT NOIR praliné framboise

ブラックチョコレート フランボワーズのプラリネ

焙煎したアーモンドにキイチゴをミックスしたプラリネ。ほろ苦いブラックチョコレートにキイチゴの甘酸っぱさが加わることによって、より立体的でエレガントな味わいに。心地よく爽やかな余韻が長く続きます。

90g 4.89EUR

 

5

★CHOCOLAT AU LAIT praliné noisette du Piémont

ミルクチョコレート ピエモン産ヘーゼルナッツのプラリネ

最高級とされるイタリアのピエモン山で採れたヘーゼルナッツを使用。カカオとヘーゼルナッツの相性はやはり最強で、とろけるようなテクスチャーに仕上げられたプラリネを練りこんだマイルドなミルクチョコレートは、香りに奥行きがあり味わいも豊か。

90g 4.89EUR

 

6

CHOCOLAT NOIR pépites de cacao fleur de sel

ブラックチョコレート カカオニブ、フルール・ドゥ・セル

タンザニア産カカオ75%のブラックチョコレートで、裏面にキャラメリゼしたカカオニブがまぶしてあります。隠し味に塩の花が使われているという手の凝りよう。甘党の私にはちょっと渋すぎましたが、ビターなショコラが好きな大人舌をお持ちの方にはお勧めです。ブランデーなどのお酒のおつまみとして頂くならこれが最適かも。

90g 4.89EUR

 

 

有名パティシエの味が大衆化するもの決して悪いことではないと、個性豊かなショコラを味わいながら考えました。

価格がリーズナブルなのも嬉しい限り。パッケージもかわいいので、日本へのお土産にも最適です。

 

これらクリストフ・アダム氏のタブレットショコラは、主要なモノプリで販売されています。

Monoprix オペラ店:23 Av. de l’Opéra Paris 1er 【営】9時(日曜は10時)~22時 定休日なし

Monoprix ドラゴン店(サン・ジェルマン・デ・プレ駅前):52 Rue de Rennes Paris 6e  【営】9時~22時(日曜は10時~20時) 定休日なし

これら以外にもモノプリのスーパーはパリ市内に数多く点在。ただし一部店舗では商品を扱っていない場合もあります。

 

sponsored link